黒服で高収入を目指そう!

黒服の仕事で高収入

ビール

高収入の仕事を探している時に出てくる夜系の仕事。
その中で《黒服》という言葉を見かけたことはありませんか?
文字だけを見るとなんだか怪しいような、得体の知れない仕事のようにも感じますが、
実際はキャバクラやラウンジなどにいる“ボーイ”のことを示します。
遊びに行ったことがある人は『なんだ、裏方のことか』と思うかもしれません。
しかし、《黒服》がいないキャバクラやラウンジを見かけないように、
それだけ重要な役割を担っているのです。

 

《黒服》にはさまざまな役割があります。
ざっくり分けると“ウェイター”と“マネージャー”、そして“店長”。
どれに当てはまるかによって仕事内容も異なってきます。
未経験からスタートした場合、多くの方が“ウェイター”になります。
その場合は主に、“店長”や“マネージャー”から指示を受け行動することに。
基本的に雑務が多く、買い出しや店内外の掃除、開店準備に閉店作業の手伝いなど、
肉体労働と思っていいでしょう。

 

ワインとパソコン

 

お客様で賑わう営業中にはオーダーを伺いに行ったり、
用意されたフードやドリンクの配膳を行ったり。
アイス(氷)やグラス・灰皿の交換、お客様が帰られた後のテーブルの片付けなど、
その時々の状況を把握して動く自身での判断も必要になる仕事が増えてきます。
“マネージャー”へ昇格するとキャストの管理を行うことに。
新人さんへの研修、トークのレクチャーも業務の一つです。

お客様へのアプローチの仕方を教えるとなると、やはりそれだけの知識が必要。
キャストへのサポートをする上では信頼感も重要になってきます。
また、“店長”となれば名前の通りお店の責任者であるため、
キャストだけでなく《黒服》の管理も担わなくてはなりません。
売上管理はもちろん、業績を上げていくための企画などの運営全般を任されます。
的確な支持やサポート、判断能力が必要な、まさに経験がものをいう役割です。

 

どの仕事においてもそうですが、どの役割かによって任される業務、
責任の大きさがとても変わってきます。
もちろんお店側はそれに適した人に任命していますが、
そのポジションとなった人の考えや判断、先を読む力によって
お店全体が大きく変わっていくことも。
一見あまり目立たない《黒服》は、実は経営を支える非常に重要な存在なのです。

▲上へ戻る