仕事内容の全般

仕事内容の全般について

椅子とビン

 

お客様を実際におもてなしして売上に繋げるのはキャストですが、
女の子たちが安心して働ける環境を作るのも《黒服》にとって大切な仕事です。
人間関係が安定していなければ揉め事やトラブルが多くなり、接客に支障がでてしまいます。
また、言動が乱暴であったり無茶を強いてくるようなお客様を野放しにしていると
キャストのストレスとなり最悪辞めてしまう場合もあるのです。
それを防ぐためにも、問題が起きる前に対処する必要があります。

 

テーブルとグラス

 

【キャストの問題】
私生活が少し複雑な子もいるため、話半分で聞いて適当に答える…というわけにはいきません。
あまり深く関わり過ぎてしまうのもNGですが、彼女たちにとっては他のキャストには知られたくないことでもあるので聞くときはしっかりと聞いてあげましょう。
話すだけで気持ちが落ち着き、モヤモヤしていた思考もすっきりして、特別なアドバイスなどなくても解決に繋がることもあります。
ついやってしまいがちなのが、話の途中で強引に“解決策”を提案してしまうこと。
『それを回避したいのならばこうしたらいい』『嫌ならば離れればいい』というように、
相手がどういった対応を求めているかを判断できない内に言ってしまうのはいけません。
女の子の心情は複雑なものですから、“本当に解決策が欲しい場合”と
“解決策を望んでおらず、話を聞いて共感して欲しい場合”があります。
かといって、『今日はどっち?』と質問するわけにもいきません。
なんとなくわかるようになるまでは、“どうしたらいい?”を助言を求めてくる場合は解決策の提示を。
“でも…だって…”や“そうなんだけど…”とこちらの言葉に対して濁す反応が多い時は共感をするようにして、見分けていくといいでしょう。

【お客様の問題】
お金を支払っていただいている以上、ある程度の要望には応えなくてはいけません。
しかし、キャストに迷惑を掛けていたり他のお客様にご迷惑を掛けている場合は、
大きな問題に発展する前にフォローする必要があります。
中には“客なのだから何をしても許される”と思っている場合も。
キャストに対して過剰に触れたり、連絡先の交換を強要したり。
初めは良いお客様だったのに、来店回数を重ねる内にアフターを強引に誘う…
という可能性もあるため、フロアの様子には常に注意しておきましょう。
フォローに入って会話で対応が完了することもあれば、
お酒が入っていることもあり勢いに任せて手を上げてくることも。
そういった場合は店長やチーフマネージャーなど、上司の判断を仰ぎつつ然るべき機関に連絡して事態を落ち着かせましょう。

▲上へ戻る