雑用関係

雑用関係について

光るワイングラス

 

《黒服》が行う雑用は実にさまざま。
お客様がいる間のホール業務だけではありません。
お店で働く誰よりも早い時間に出勤し、まずは店内や玄関の掃除。
その後、お客様が退店しキャストが帰ってから片付けや翌日の準備を行います。
ですから勤務時間はお店の中で一番長いと言っても過言ではないのです。
ここでは主に雑用の内容をご紹介していきます。

 

 

ライムのお酒

 

 

【トイレ掃除】
飲食物を扱うわけですから、衛生面にも気をつけなければいけません。
店内を掃除するにあたって最も厳しく指導されるのが、トイレ。
来店してから退店するまでの間、唯一お客様が一人になれる場所ですから、
心地良く利用いただけるように整えておく必要があります。
また、照明を落としているフロアよりもやや明るい場合があるので
汚れがあった場合とても目立ってしまうのです。
『自分が素手で触れられるくらい』という目安を立てているお店もあるくらい、
トイレ掃除はほとんどの店舗で強化されています。

 

【消耗品などの買い出し】
もちろん仕事は清掃だけではありません。
お客様にご提供するチャームやフードの材料、
トイレットペーパー・ティッシュ・雑貨などの備品の買い出しも開店前に行います。
お店によってはおしぼり巻きを行うところもあるため、
それらを全部済ませるには開店よりもずっと前の出勤が必須になるのです。

 

【おしぼりの用意】
お店によっては既にキレイに巻かれたおしぼりを仕入れていることもありますが、
店内で洗濯していたり開かれた状態で納品されるものを使用している場合は
一枚一枚丁寧に巻いていきます。
裏表に注意しながら、位置を合わせてしっかりと巻かなくてはすぐに緩んでバラけてしまうので、簡単な作業に見えるもののコツが必要です。

 

【ホール業務】
オーダーを受けた物の配膳やグラス、灰皿の交換といった一般的な業務に加え、
時間が迫っているお客様への延長交渉やキャストのフォローも行います。
時にはトラブルを解決したり、クレームに対応したりもするため、
ただ動いていればいいというわけではありません。
いつ何が起こるかわからないため、営業時間中は常に気が抜けないのです。

 

【閉店作業】
お客様が帰られたテーブルを、翌日の営業のために清掃していきます。
テーブルの上はもちろん、床やソファの上など、
お客様がいる時は照明を落としているためわかりにくいものですが、
通常の明るさに戻すと思っている以上に汚れているもの。
水滴の跡やベタつき、食べ屑が残った状態でお客様を迎えることがないよう、
すみずみまでしっかりとチェックしましょう。

▲上へ戻る