つけまわし

つけまわしについて

テキーラ

 

指名をせずご来店されるお客様にはお店がキャストを選んで席につかせます。
しかし、誰でもいいというわけではありません。
ある程度“どんな女の子が好きそうか”を判断しなくては不満に繋がり
リピーターとならないからです。
指名が重複した時にヘルプとして入るキャストを選ぶのも同様。
それまで楽しく過ごしていた時間を壊すわけにはいきませんから、
お客様の好みのタイプを把握するのは重要なことなのです。
ここではその“つけまわし”について説明していきます。

 

まず最初にできることは、お客様の服装や態度などの観察。
そこからキャストを選び接客をお願いします。
その後はお客様がちゃんと楽しめているか、表情や雰囲気などを見て判断しなくてはいけないため、それなりの洞察力が必要です。
また、お客様に気に入ってもらえるようキャストのモチベーションをあげるのも大切。
席に向かう前に一言励ましたり、冗談を言って笑顔にさせるなど配慮一つで大きく変わります。
元気と同時に自信を持たせることができればバッチリです!
時には上手くいかず、お客様や上司から怒られることもありますが、めげない忍耐力を養っていきましょう!

 

シャンパン

 

つけまわしをするにあたって、記憶力も重要になってきます。
一人のお客様に何度も同じキャストを付けるわけにはいきませんから、
テーブルごとに全て覚えておかないとミスにつながります。
何度か来店されたことのあるお客様でもフリーで来られる場合があるため、
好みや前回付けた女の子のタイプなどを覚えておくと良いでしょう。

 

お店の営業中はさまざまなことがリアルタイムで起きていきます。
交代で付いてもらおうと思っていたキャストに指名のご来店があったり、
退店間際のテーブルが延長になったり…そういったことにも対応していかなくてはなりません。
落ち着いている時間であっても、『この状況でお客様が入って来たら…。それが複数名であったら…』『次に付けようと思っているキャストに場内指名が入ったら…』というように、
いくつかのパターンを前もって考えておけば急なことにも対処できます。

▲上へ戻る