ボーイの上下関係

ボーイの上下関係とは?

お酒

 

夜のお店で働く《黒服》もポジションによって上下関係が存在します。
上から順に挙げていくと“社長”“店長”“チーフマネージャー”“マネージャー”、
そして“ボーイ”です。
多くの《黒服》が、ウェイター業務や雑用などを担当するボーイからスタートし、
キャストの管理や教育を行うマネージャー・チーフマネージャーへ昇格していきます。
例外として、キッチンやドライバー、バーテンなどが存在しますが、いずれもボーイと同等です。
ここでは上下関係に属するボーイ・マネージャー・チーフマネージャーの役割についてご紹介します。

 

ビール

 

【ボーイ】

未経験者さんであればほぼ確実にスタートラインとして立つことになる“ボーイ”。
仕事内容はさまざまで、店内外の清掃やホール業務をはじめ、
指示があれば呼び込みのためにティッシュやビラを配ることも。
開店準備や閉店後の片付けなど、主に雑用が仕事です。

 

【マネージャー】

ボーイの下積みを経たあと、マネージャーのポジションにつくことが多いです。
仕事内容にキャストの管理やフォローが加わり、その分雑用が減ります。
指名が取れない子や上手く会話を繋げられない子へのサポートや教育を行うなど、
店舗運営に関わる仕事に携わります。
キャストの性格やスキル、個性に合わせて対応していかなくてはならないため、
ある程度の忍耐力や発想力も必要となってくるでしょう。

 

【チーフマネージャー】

マネージャーとしてキャストからの信頼を得つつ成長したら、
いよいよポジションもはっきりしてきます。
女の子の面接や、お客様の会計・精算、日払いを希望するキャストのお給料計算と用意など、
お店のお金を触る仕事が増えるため、責任感がなくては務まりません。
また、キャストをどの席のヘルプに入らせるか、指名が重複した場合どのようにして
席を移動させるかなどの判断・支持も行います。
お客様は指名した女の子に会うためにご来店くださっていますから、
バランスよく回していかなくてはなりません。
時間配分やタイミングなど、その場の状況判断が大切になります。

 

どのポジションにも言えることですが、お客様が満足しお金を支払うのはキャストあってこそ。
そのため的確なフォローやサポートが必要ですし、時にはお客様からのクレームを聞くことも。
当然、上手くいかなかった時は上司から叱られることだってあります。
キャストが出勤する前に開店準備をし、キャストが仕事を終えた後に送りや閉店作業を行うため、勤務時間は長いです。
しかしそんな《黒服》の支えがあってこそ、安心して働ける環境が生まれるわけですから、
存在はとても大きなものと言えるでしょう。

▲上へ戻る